古くから鰊漁で栄えてきた岩内地方。
豊かな自然に囲まれたこのまちは、当社の社名由来でもあるアスパラガス栽培を始め、道内初の炭坑_(芽沼炭坑)や水力発電など、古くからフロンティア精神が育まれ、歴史の中にその名を刻んできました。
また、芸術、文学面でもゆかりの深い著名人も多く、岩内近辺にはそれらを記念したミュージアムや記念碑などが数多く見られます。
同時に、積丹半島に面した海岸線には多数の奇岩がそびえ、快適なドライブラインを形成している観光ポイントとしても多くの人々に愛されているまちです。

そうした風光明媚な日本海の岩内沖からは、低温で清浄な深層水が取水されています。
すでに地元岩内をはじめ、札幌などの企業がこの深層水の特性や利点を生かした商品を数多く誕生させていますが、当社でもより良い製品づくりのためこの深層水の活用をテーマの一つにしています。
深層水は、表層水と比較し、四季を通じて安定した低温と豊富なミネラル分、そして雑菌がほとんど含まれておらず、まさに清浄な水といえます。
もっと美味しく、安全な製品づくりのために、今後は自治体との連携を深めより一層深層水の利用に努めていく方針です。


会社概要

会社名
日本アスパラガス株式会社


所在地
北海道岩内郡岩内町字野束22-3


TEL
0135-62-1001(代表)


FAX
0135-62-7755


メールアドレス
info@nichiasu.co.jp


代表者
國松 政人


資本金
9千万円


従業員数
143名(岩内110名、千歳33名)


設立
1951年(昭和26年)11月


事業内容
清涼飲料水の製造(PET・缶・ボトル缶)乾燥・冷凍食品などの製造・清涼飲料水の製造(PET・缶・ボトル缶)・乾燥・冷凍食品などの製造


沿革

昭和26年11月
設立


昭和27年 5月
アスパラガス缶詰生産開始


昭和39年 2月
スイートコーン缶詰、冷凍食品生産開始


昭和43年 4月
冷蔵倉庫建設


昭和44年 4月
平取工場 建設生産開始


昭和50年 5月
岩内工場 新設移転生産開始(現・本社)


昭和55年 1月
岩内工場 清涼飲料缶工場新設生産開始


平成 2年 7月
岩内工場 レトルト缶21Mラインを450ラインへ更新


平成 4年 3月
岩内工場 炭酸飲料缶工場新設生産開始


平成 5年12月
岩内工場 ペットボトルライン新設生産開始


平成 6年10月
岩内工場 飲料製品倉庫新築


平成 7年 8月
排水処理施設移転新設


平成 8年 9月
平取工場閉鎖、平取町に寄贈


平成 8年 9月
岩内工場 農水産製造部門中止


平成 9年 5月
岩内工場 レトルト缶450ライン新設、全自動化


平成10年 3月
岩内工場 ペットライン製造設備能力増加更新


平成13年 5月
岩内工場 ペットライン製造設備新設


平成13年 7月
新港倉庫立上げ


平成15年 7月
国富配送センター立上げ


平成18年 4月
千歳工場稼動


平成23年 3月
アルコール製造免許取得(リキュール)


平成24年 5月
ISO9001認証取得


平成25年11月
FSSC22000認証取得


平成26年 3月
千歳配送センター事業継承


平成26年 7月
千歳工場 アセプティック製造設備新設


平成28年 9月
食品加工場生産開始


平成29年 1月
新港第2配送センター新築


平成30年 9月
岩内工場 ペットライン製造終了